×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住友生命 学資保険

人気の学資保険の必要性

子供のいるお母さん、お父さんは、子供が成長してくると「やっぱり学資保険って必要?」って思いますよね。日本で人気の学資保険はゆうちょ、アフラック、ソニー、第一生命と様々な学資保険なあります。

そもそも学資保険とは、こどもの教育費の貯えを目的とした保険です。子供の進学に合わせて、お祝い金をもらうことができ、それを高校や大学の入学資金にあてるという使い方をする人がほとんどでしょう。

また、子供がなくなった場合は、死亡給付金、契約者が亡くなった場合は、保険料免除といった保障があります。子供がいる親の方は、学資保険くらい入って当然というプレッシャーがあるのかもしれませんが、本当に得なのか、自分で定期預金で貯金したほうがいいのではないか、などご自身で検討して入って下さい。

また、学資保険だけで教育資金をすべてまかなうという考えは、やめたほうがいいと思います。学資保険は教育資金のサポート的な考えで、貯蓄も並行して行うのがいいでしょう。そのほうが進路の変更にも対応していけます。

住友生命の学資保険の人気の理由

ここでは住友生命の学資保険ついてご紹介します。ゆうちょやアフラック、ソニーなどの学資保険と比較して、住友生命の学資保険はどう違うのでしょうか?

住友生命の学資保険はその名も「こどもすくすく保険」といいます。この学資保険の特徴は、払い込み期間が選ぶことができるということです。

18歳満期と22歳満期がありますが、18歳満期でも12歳や15歳で払い込み満了することができ、返戻率も高くなります。

ご家庭の事情に合わせて、支払いができますね。住友生命の学資保険は、二つのタイプから選ぶことができます。保証を契約者の保障を充実させた、標準プランと、子供のための学資資金の準備に重点をおいた、貯蓄タイプです。契約者の保証は生命保険等でサポートできるとお考えの方は、貯蓄型の貯蓄プランを選んだほうがいいと思います。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?